山形県 山形市 の歯科医院 江良歯科医院 口腔外科 インプラント治療

もう一度咬むことの喜びを取り戻していただくために
インプラントとは
インプラント治療とは、何らかの原因で失ってしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製のネジを埋め込み、かぶせ物をして人工の歯を作る治療です。
失った歯と同様に機能することが可能となる、先進治療です。
インプラント
インプラントのメリット
治療方法とイメージ 硬いものが咬める 違和感がない 美しい仕上がり 保険適応がある 特徴
インプラント
歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯を かぶせていく方法
× [メリット]
顎の骨に固定されているので自分の歯と同じように食べることができる。
周囲の歯に負担をかけない。

[デメリット]
簡単な手術が必要。
ブリッジ
失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を
補う方法

(材料等に応じて)
[メリット]
固定式のため違和感があまりない。

[デメリット]
両隣の健康な歯を削らなければならない。
周囲の歯に負担をかける。
入れ歯
失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外し可能な人工の歯を 留める方法

(材料等に応じて)
[メリット]
歯を削らずに済む。

[デメリット]
食べ物が詰まりやすく、虫歯や口臭の原因になりやすい。
周囲の歯に負担をかける。
総入れ歯
取り外し可能な人工の歯を顎の上に乗せる方法

(材料等に応じて)
[メリット]
簡便である

[デメリット]
入れ歯がぐらついたり、ずれたりする。
食べ物が入れ歯と歯茎の間にはさまり、痛むことがある。
手術時間はどれくらいかかりますか?
手術時間はインプラントの本数や手術の難易度により、個人差がありますが、通常、1本30分~1時間程度です。
痛みはありますか?
手術中は麻酔をしっかりとかけますので、痛みはほとんど感じません。
持病があるのですが、治療はできますか?
全身状態をしっかり把握することから始めます。既往歴や服用しているお薬を十分に確認しながら、治療計画を立てていきます。
インプラント治療の流れ

一般的なお口の中の診査、虫歯や歯周病などやデジタルレントゲンによる診査、 お体の状態を診査します。

インプラント治療に必要な検査を行います。歯科用CTを用いてインプラントを埋入する部位の骨の量や骨の質などを検査します。

STEP1・STEP2の検査結果をもとに、それぞれの患者さんに合った治療計画を立てます。患者さんのご希望と医師の専門的な見解を踏まえて、治療の方針、治療期間、治療費用などに関してご説明いたします。

手術には1回法と2回法があり、当院では、患者様の骨の状態によって1回法、2回法の判断をいたします。また、2回法とは、複雑な処置を併用した場合の手術で、2~3ヶ月程度経過したところでインプラントの一部を歯肉の上に出します。

手術後は、インプラントと顎の骨がしっかりくっつくまで、約3ヶ月程度の治癒期間をおきます。この間は、仮歯を使用出来ますので、歯がなくなる心配はありません。

インプラントと顎の骨がしっかりくっつきましたら、インプラント部の型取りをします。型をとったものを元に、インプラントに合わせた上部構造を作製し、取り付けます。

上部構造を装着し、インプラント治療は終了です。治療後は,装着したインプラントを長期間良好な状態に保つために、定期的な検診が必要です。また、ご自宅でのホームケアも心がけていただきたいと思います。


ノーベルガイドはCTスキャンで撮影した画像から起こした3D画像をもとに、 技工所でコンピューターを使って作られる精巧なガイドシステムです。 このガイドにはあらかじめシミュレーションで算出したインプラントの 埋入場所・角度などが正確に記録され、インプラントの 埋入を導きます。 手術はこのノーベルガイドを歯肉に装着し、 歯肉の一部分に小さな穴を あけて行います。 ほとんど歯肉を切らずにインプラントを埋入するために、 傷を最小限に 抑えることができ術後の回復を早め、 即日セットされる仮歯の使い心地も良好となります。 ノーベルガイドは歯の無い期間をゼロに、しかも安全確実に第二の永久歯を 自分のものにできるシステムです。


ノーベルガイドを使用することによって これまでのインプラント治療よりメリットが多くあります。 ガイドを使用するので歯肉を切開せずに治療できるので 出血による痛みや腫れがなく治療時間も短縮でき、その日の内にすぐ噛めるようになります。 また、コンピューターシュミレーションした正確な埋入が可能ですので 余計な切開がなく感染症の心配もありませんし、神経や血管の損傷を抑えます。 骨の薄い場所でもピンポイントで埋入場所を割り当てます。 見た目はもちろんのこと噛みあわせも正確に合わせられるので治療後の経過も良好です。


  • 骨補填材を補充
    骨誘導再生法(GBR法) ①
    骨補填材を補充

    骨量不足でインプラントの露出が予測される場合に骨誘導再生療法GBR法を行います。 インプラント埋入と同時にGBR法を行う場合と、GBR法によって骨量が回復してからインプラント埋入を行う場合があります。今回は後者の流れを説明します。
    まずは、粉砕した骨補填材を補充します。

  • メンブレン(人工膜)で露出部分を覆う
    骨誘導再生法(GBR法) ②
    メンブレン(人工膜)で露出部分を覆う

    骨補填材を補充後、生体材料でできた人工メンブレン(人工膜)で覆い骨の再生を待ちます。(メンブレンは、小さなネジで固定することもあります。)

  • 骨生成後フィクスチャ―の埋入
    骨誘導再生法(GBR法) ③
    骨生成後フィクスチャ―の埋入

    約8~10ヶ月後にメンブレン(人工膜)を除去し、骨量が回復したところでフィクスチャ―を埋入します。

  • 上部構造の装着
    骨誘導再生法(GBR法) ④
    上部構造の装着

    上部構造を装着し治療完了です。その後、定期的なメンテナンスが必要となります。


  • 骨補填材を補充
    上顎洞挙上術(サイナスリフト)
    上顎洞の底部分を押し上げ骨を生成する手術

    上顎骨(じょうがくどう)の内部には上顎洞と呼ばれる大きな空洞が存在します。そこで、膨らんできた上顎洞に移植骨や骨補填材、インプラント本体の一部を挿入して、上顎洞の底部分を押し上げる技術のことを上顎洞挙上術(サイナスリフト)といいます。

  • メンブレン(人工膜)で露出部分を覆う
    上顎洞挙上術(サイナスリフト) ①
    歯肉と骨の除去と骨補填剤の充填

    歯肉と骨の除去をし、上顎洞底部と歯槽骨の間の粘膜を持ち上げ隙間を作ります。その隙間にCGF(完全自己血液由来のフィブリンゲル)と骨補填材を埋入します。

  • 上部構造の装着
    上顎洞挙上術(サイナスリフト) ②
    骨の造成後インプラント埋入

    血小板濃縮フィブリンゲルを更に埋入し、メンブレン(人工膜)で覆い骨の再生を待ちます。骨の造成が完了後、インプラントを埋入し、しっかり骨と結合させます。
    ※骨量によってはSTEP2で骨補填剤とインプラントを同時に埋入します。