山形県 山形市 江良歯科医院 口腔外科 インプラント治療

睡眠時無呼吸症候群

当院を受診する方へ

スリープスプリントの作成は内科医の診断書をお持ちいただくと保険適用となります。
診断書なしでも作成は可能ですが、保険適用外となりますので予めご了承ください。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは
睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に無呼吸の状態になる病気です。このような状態が続くと、昼間の眠気による事故など、本人だけでなく社会的にも問題となる場合がありますので、できるだけ早い治療が大切です。適切な治療をすると無呼吸が改善され、生活習慣病や眠気などの症状もきちんとコントロールできるようになります。お気軽にご相談ください。

こんな症状がある方はご注意ください

  • 日中の集中力低下
  • 朝起きた時に眠気が続く
  • 悪夢を繰り返し見ることがある
  • 朝起きても疲労感が抜けない
こんな方は睡眠時無呼吸症候群かもしれません!

マウスピースでいびきを治す!スリープスプリント

スリープスプリントとは、寝るときに下のあごを持ち上げるように工夫された口腔内装置(マウスピース)です。この装置を入れることによって、気道が広がり、気道が狭まったり、ふさがってしまう事ににより起こるいびきや睡眠時の無呼吸がなくなります。

いびきはどうしておこるの?

サンプル画像
いびきは、気道が狭まることで空気の流れが悪くなり振動がおこって音となります。気道が狭まる原因としては寝ている時に舌の根の部分が下に沈んだ状態になり、気道をふさいでしまうことによって発生します。

①正常な場合
気道は十分に開いている状態
②いびき
気道が狭められて出る振動音でいびきが発生する状態
③無呼吸
気道が閉じて呼吸ができない状態

スリープスプリントでの治療方法

寝るときに下の顎を少し前方に突き出させるように工夫したマウスピースを口に入れてお休みになる方法です。この装置を入れることで、のどの気道が広がり、呼吸がスムーズに行えるようになることにより、いびきや無呼吸の症状がなくなります。

いびきをかいている状態

いびきをかいている状態
肥満などが原因で、大きくなった舌が気道をふさいでしまい、呼吸が妨げられています。

スリープスプリント装着時

スリープスプリント装着時
舌を持ち上げ気道を広げるので、呼吸がしやすくなり、いびきをかかなくなります。