山形県 山形市 の歯科医院 江良歯科医院 口腔外科 インプラント治療

もう一度咬むことの喜びを取り戻していただくために
入れ歯
残念ながら一度失ってしまった歯は二度と戻ってはきません。たとえ1本でも歯を失ってしまうということは、私たちの身体や心に大きな影響を与えます。その失ってしまった歯の大切な代わりになるのが義歯(入れ歯)治療です。もちろん、入れ歯では咬みにくいものがあることは確かです。しかしながら、ご自身にしっかり合った入れ歯を使うことで、再び快適な食事を楽しむこともできるようになります。

入れ歯の種類

レジン床義歯 – 保険適応 -
レジン床義歯はレジンと呼ばれるプラスチックでできた一般的な入れ歯のことをいいます。
保険適応のため、できることなら費用は安く抑えたいと考えている方におすすめです。
入れ歯にも様々な種類があり、自由診療のものはより快適な使い心地が期待できますが、保険適応でも噛むという観点からは問題のない仕上がりとなります。

金属床義歯
金属床義歯とは、主要部分が金属で作られた入れ歯を指します。 メリットとしては、プラスチックの物よりも強度が高いため薄く作る事ができ、装着時の違和感が少なく、舌の動きを邪魔しないので話しにくくなる事もありません。また、食事の際温かい物を食べると温度を感じ美味しく食べられるという特徴があります。
デメリットとしては、保険適応のものに比べてかかる費用が高額になるという事と、使用する金属によっては金属アレルギーを引き起こす場合があるという点が挙げられます。

ノンクラスプ義歯
通常の部分入れ歯は金属製のバネ状の止め具で保持していますが、健康な歯を削る必要がありました。また金属アレルギーのある方には使用できず、口を開いたときに金属の部分が見えるなどの難点がありました。
その点、ノンクラスプ義歯はプラスチック製の義歯床(人工歯の土台で見た目は歯茎)を使用しているため、健康な歯を削ることもなく、安心して使用することができます。
審美的にも大変優れており、口元に自信が持てるようになります。